Twitterのアカウントがロックされるとどうなるの?電話認証以外の解除方法もご紹介

ウェブ

今日の夜中に突然ツイッターがロックされました。
 
約13時間後、無事にロック解除することができましたが、フォロワーさんが30人減りました。
 
この記事ではTwitterのアカウントがロックされるとどうなるのか?
 
また、ロック解除の方法について電話番号なしのパターンまでご紹介したいと思います。
 
 

アカウントロックの契機

冒頭で「突然」と書きましたが、私の場合はiPhoneとPCでツイッターを開いてる状態で、更にタブレットでログインしたタイミングでロックがかかりました。
 
ちょっとツイートの傾向など調べたかったので、複数台でタイムライン見たかったんです。
 
しかし、新たにログインを試みたタブレットはポケットWi-Fiで繋いでて、IPアドレスも違うものでした。
 
きっと複数ログインが自動化処理にみなされたのだと思います。
 
他にも、日頃からフォローはしてますし(あくまでも常識の範囲内でだと思ってますが)
 
リフォローもよくしているので、アルゴリズムが自動化とみなす動作のしきい値を超えたのかもしれませんね。
 
基本的に第三者に乗っ取られたとか、連携アプリをいろいろ使ってるとか以外では、朝起きたら知らぬ間にロックされていたということは多分ないと思います。
 
上記の通り、アルゴリズムが何らか不正とみなす動作を確認すると自動で即時ロックしますので、使ってる最中にロックがかかるということがほとんどだと思います。
 
つまり、ロックの契機は使用時となります。
 
 

ロックがかかるとどうなる?

ツイッターのタイムラインが開かなくなります。
 
そして、電話番号を入力してSMS認証でアカウントの認証を促す画面が表示されるようになります。
 
ここで電話番号を入力して、SMSに受信した6桁の認証コードを入力すれば、ロックは基本的には解除されます。
 
解除後はツイッターのタイムラインがいつも通り表示されるようになるし、使えるようになります。
 
 

ロックがかかってるとほかのユーザーからはどう見える?

まず、ロックがかかったアカウントはフォロー数が0になります。
 
これは内部的に0となったわけじゃないので、ロックを解除して数時間経てば元に戻ります。
 
しかし、フォロワー管理系のアプリだと相手にはフォローを外した時と同じ通知が行きます。
 
そのため、リムーブされたらすぐ外し返すというフォロワーさんからはフォローを外されてしまいます。
 
ロックがかかると短時間でフォロワー数が一気に減るのはこれが大きく影響しています。
 
ツイッター上ではどのように見えるかというと、ロックされてるアカウントのプロフィールはこのようにツイートがマスクされます。
 

 
この「プロフィールを表示する」ボタンをタップして、マスクを解除しないとツイートを見ることもできないですし、フォローボタンも表示されません。
 
 

電話番号認証ができない場合

私は即座に自分の電話番号で認証をかけにいったんですが、すでに使われている電話番号と表示され、電話認証ができませんでした。
 

何度も電話番号を入力すると認証ロックがかかる

そんなことはないはずなので、何度か同じ電話番号を入力し直してたら、今度は電話番号の入力が試行回数を達したというエラーで番号の入力すら出来なくなりました。
 

何らかの理由で電話認証できない人がアカウントロックを解除する方法

結論から言うと、私は弾かれたのとは別の電話番号で認証解除したのでこの方法でロック解除することはなかったんですが、実際にメールを送るところまではやったのでご紹介します。
 
アカウントがロックされた時、以下のURLからツイッターのサポートに異議申し立てをすることができます。
 
https://help.twitter.com/forms/general?subtopic=suspended
 
↑ツイッターにブラウザからログインしてる状態で上記のリンクにアクセスします
 
詳細を記載するフォームがあるので、そこに以下の要点を集約したメッセージを記入し、ツイッターサポートに送ります。
 
送信文に記載すべき要点
 
・自動化はしていないこと
・電話番号認証ができないこと
・ロック解除してほしいこと

 

例文
 
アカウントにロックがかかりました。
 
自動化動作の疑いがあるとのことですが、そのような違反はしておりません。
 
電話番号での認証は入力した私の電話番号が、既にツイッターで使われているとエラー表示され、SMSや音声通話で確認をとることができません。
 
(↑ここは矛盾がないように各自の理由を)
 
ご確認頂き、アカウントロックの解除をお願いします。

 
大体こんな感じで、異議申し立てのフォームからメッセージを送ります。
 
ひとつ注意すべき点は、メッセージを送る時にフォーム下で入力するメールアドレスは必ずアカウントに登録しているアドレスを入力することだそうです。
 
あと、このメッセージを送っただけでは解決しません。
 
メッセージを送ると、ツイッターからすぐに入力したメールアドレス宛で返信メールが来ます。
 
この返信メールには具体的なことは書かれてなくて、アカウントがロックされたこと、ロックされる原因になり得ること、結局は電話認証しなさいという案内文が書かれているだけです。
 
このメールに対して返信する形で、先ほどと同じ要点を集約したメールを送信します。
 
 

メールでの申し立てだと解除されるまでに時間がかかる?

私の場合は、10時間経っても解除される気配が一向になかったので、他の電話番号で認証することによってロック解除しました。
 
なので、最終的にどうなるのかはわからずじまいではありますが、ロックがかかった時にいろんな事例を調べてみました。
 
解決までの所要時間はメール申し立ての場合、最低でも24時間くらいはかかると思った方が良さそうです。
 
もちろんケースバイケースなので、1ヶ月かかった人もいるみたいですし、私の友人はさっき聞いたところ1年かかったらしいです。(本当かよw)
 
そもそもツイッターからの自動返信メールに返信を被せる形になるわけですが、このメールに対するツイッターからの回答が総じて遅いので、1番良い方法はやはり電話番号認証で解除することです。
 

サブアカウントで検証してみました

せっかくなので検証用のサブアカウントを使って検証してみました。
 
いいねやフォローをたくさんしていたら想定通りロックがかかりました。
 
電話番号認証はせずにメールで解除依頼を出したところ、解除・返信があったのは4日後でした。
 
 

まとめ

あくまでも自動化や違反行為をしていないという前提。
 
普通に使っててちょっといいねやフォローを短時間で多くやりすぎちゃってロックされた場合。
 
この場合、解除自体はきっとできるので焦らないことが大事です。
 
私の場合は焦って電話番号を何度も入力した時点で、より深みにハマってしまって復旧に時間がかかりました。
 
その間にフォロワー数が減っていくことに恐怖を感じてる人もいるかもしれませんが、その間に外れるフォロワーは自動っぽい相互アカウントがほとんどです。
 
中の人がちゃんといらっしゃる場合でも、これまでに全く絡んだことがなく、今後も絡む兆しはない(お互いにツイートすら見てない)アカウントがほとんどなので、あまり細かいことは気にしないことをオススメします。
 
SNS上の一挙手一投足に一喜一憂してると、そのうちきっと疲れてしまうと思うので…。
 
ではでは!
 

1+

この記事へのコメント

トップへ戻る