【2019年中央G1の傾向】10Rで勝った騎手が11Rも勝つ確率は1割弱?!

競馬

G1開催日の10R。私の場合はメイン以外の馬券はあまり購入しないので、この10Rの時間帯は11Rのことで1番頭がいっぱいな時ですが、最近は一旦11R検討の手を止め、10Rの結果には注視するようにしてます。
 
そのきっかけとしては、以前に何かで(ツイッターかな?)ミルコは10Rを勝つとメインの成績が良くないなんて話を見かけたり、あとは体感的にも10Rで勝った騎手の馬はメインであまり来ない気がしていたからです。
 
オカルトの類ということで今までは体感レベルで認識していたんですが、せっかくなので数字として認識しておきたいなということで、今回は2019年これまでのG1開催日データを洗い出してみました。
 
 

10R(メインの前のR)で勝った騎手がメインも勝つケースは1割に満たない(2019年)

今日の時点で中央G1は障害を除くと21レース開催されました。
 
その中でメインのG1レースとその前のレースと連勝したケースは菊花賞の日の武さんと天皇賞秋の日のルメールだけでした。
 
もちろん、メインの勝利騎手が10Rで馬に乗ってないパターンもありますので、騎手自体の勝率という話ではないんですが、あくまでもメインの勝利騎手と10Rの勝利騎手の結果だけを照らし合わせるとこうなりました。
 
 

2019年G1勝利騎手と10Rの勝利騎手

もう少し細かくレースごとの勝利騎手と10Rでの騎乗有無をまとめていきます。
 

フェブラリーステークス

勝利騎手
武豊
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
ルメール
 

高松宮記念

勝利騎手
福永
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
川田
 

大阪杯

勝利騎手
北村友
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
戸崎
 

桜花賞

勝利騎手
ルメール
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
福永
 

皐月賞

勝利騎手
ルメール
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
武豊
 

天皇賞春

勝利騎手
ルメール
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手

 

NHKマイルカップ

勝利騎手
デムーロ
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
ルメール
 

ヴィクトリアマイル

勝利騎手
レーン
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
石橋
 

オークス

勝利騎手
デムーロ
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
田辺
 

日本ダービー

勝利騎手
浜中
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
デムーロ
 

安田記念

勝利騎手
福永
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
北村友
 

宝塚記念

勝利騎手
レーン
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
酒井
 

スプリンターズステークス

勝利騎手
ルメール
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
丸田
 

秋華賞

勝利騎手
北村友一
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
福永
 

菊花賞

勝利騎手
武豊
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
武豊
 

天皇賞秋

勝利騎手
ルメール
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
ルメール
 

エリザベス女王杯

勝利騎手
スミヨン
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
デムーロ
 

ジャパンカップ

勝利騎手
マーフィー
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
岩田望
 

チャンピオンズカップ

勝利騎手
川田
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
デットーリ
 

阪神JF

勝利騎手
北村友
 
10R騎乗有無

 
10R勝利騎手
池添
 
 

メインの勝利騎手が10Rに乗ってないケースを除いても連勝確率は0.143

メインの勝利騎手が10Rで騎乗したかどうかを関係無しに集計した場合、連勝は2/21で確率は0.095。
 
メインの勝利騎手が10Rで騎乗してない日が7回ありましたので、それを引くと2/14で確率は0.143ということになりました。いずれにせよ連勝しているパターンは2割に満たないということでした。
 
あくまでも2019年に限定したデータなので確度としてはもちろん高くはないんですが、でも騎手リーディングの勝率を見ても上位2人のルメールと川田は勝率が今日時点で0.250を超えてますけど、3位の武豊からは2割切って0.172ですから、大体は騎手の平均的な勝率で収まる感じでしょうね。
 
 

その他の気がついたこと

今年は北村友がG1を3勝してますが、いずれも10Rでの騎乗がないということ。
 
そして、ルメールがG1を勝つ日の10Rは本人が連勝した天皇賞秋の日以外は全て日本人騎手が勝利していること。
 
あと今回は勝利騎手だけを列挙しましたが、今年G1開催日の10Rで1番馬券内に入った回数が多いのは武豊、ルメール、川田が5回で並んでますね。次いでデムーロが4回馬券内に入っています。
 
 

まとめ

さっそく週末の朝日杯FSからこういった集計も予想に活用していこうと思うんですけど、想定1番人気のサリオス騎乗のムーアは今のところ10Rで騎乗の予定はないですね。
 
妙味派なので1番人気の評価を下げるポイントを必死で探そうとするタイプなんですが、あくまでもこの集計だけを見れば今年10Rでの騎乗がない騎手が7回メインを勝ってます。
 
率にすると0.333と3割超えてますから、サリオスの勝機はこのまま10Rでムーアが乗らない方が高まるかもしれないですね。
 
あとはこないだ集計を取った2019年中央G1の馬券内に入る馬の枠番傾向も含めた予想を朝日杯FSでは取り入れてみようと思います。
 
 
※2019年中央G1の馬券内に入る馬の枠番傾向

3+

この記事へのコメント

トップへ戻る