『なぜ私はソロ登山が好きなのか?』を振り返りまとめてみた

登山

来週末、また奥多摩方面のお山に登ります。
 
登った後は人と合流してまた澤乃井園に行く予定。
 
酒蔵開き以降、澤乃井園のことをめちゃめちゃ気に入ってます。
 
さて、前回・前々回の登山は珍しく人と登って、相手はそれがきっかけで登山気に入ってくれたようなので嬉しいですし、とても楽しかったんですが、私は基本的にソロ登山メインでお山に登ってます。
 
今回はなんで自分はソロ登山が好きなのか?ということをじっくり振り返ってみた上で、記事にしてみたいと思います。
 
 

完全に自分のペースで行動できる

1番はこれですかね〜。私は基本的にマイペース、そして人によって自分のペースを乱されることが好きじゃない。
 
もちろん、社会の中で生きている以上はそんなワガママ言ってられないので、仕事とかでは自分のマイペース感を押し殺して生きてますが、せめて趣味の登山くらいは自分のペースの中で楽しみたい。
 
そういう気持ちはだいぶ強いと思います。
 
ソロ登山なら写真を撮るためにひたすら立ち止まろうが、山頂でじっくり時間をかけてご飯を作ろうが、誰にも急かされることはないですからね。
 
ちなみに前回・前々回の登山は相手も同じようなペースで物事を進める人と登れたので、その辺りのストレスを一切感じずに登れて最高でした。
 
非常に気の合う・相性の合う仲間と登れば、この点はソロじゃなくても解消できるかもしれませんね。
 
 

ヒリヒリ感が楽しい

決して山に怖い思いをしに登りに行こうなんて思ってはいませんが、誰かと登る時とソロで登る時、もうヒリヒリ感みたいなのは断然ソロ登山の時の方が感じます。
 
道がわかりにくいお山では、本当にこのコースでいいのか?みたいな不安を逐一感じますし、もちろん獣も特にツキノワグマとの遭遇は怖いです。
 
今まで一人で登ってる時に熊との遭遇を意識せずに登ったことは一度もありません。
 
もし遭遇したら?なんてシュミレーションはもう頭の中で何度もやってますけど、本当に遭遇したら…きっと身体がすくんで何も出来ないと思います。
 
安全に入山・下山することがいつも絶対的なテーマではありますが、そういうヒリヒリ感を常に感じながら山頂まで到達した時の気分は日常生活では味わえませんので、ある意味では修行のような感覚でそれを求めてる部分はあるかもしれませんね。
 
 

ソロならではの人との出会いがある

もちろん誰かと一緒に登ってる時も話しかけてくれる気の良さそうなお爺さんとかは多いんですが、ソロ登山の時の方が話しかけられる確率も話し込む確率もグッと上がってる気はしますね。
 
私は性格的には非常によく話すタイプの人間なんですが、山行の時はあまり自分からは話しかけないかもしれないですね。けっこう自分の世界にトランスしちゃってるので。
 
でも、話しかけてくれたらフレンドリーに反応するタイプだと自分では思ってますし、これまでのソロ登山で話しかけられた人と山頂で1時間以上話し込んだことは何度もあると思います。
 
初めて私が一人で登ったお山は青梅の御岳山でしたが、この時は実質的にソロ登山ではなくなりました。
 
初登山だったのでケーブルカーは使わずに表参道を歩き山頂まで向かったんですが、同じくソロで少し先を歩いていたアメリカの人に話しかけられて、拙い英語ではありますがコミュニケーションを取るうちに打ち解けて、結局その時は最初から最後まで一緒に登りました。
 
登った後は御岳山のお蕎麦屋さんで一緒に蕎麦を食べ、瓶ビールをガンガン飲み、SNSのアカウントを連絡先として交換して、最後は中央線の中でバイバイしましたが、今でもメッセージでやりとりする仲です。
 
彼は当時の私と違って非常に山慣れしていたので、予備知識無しでソロ登山に挑戦した私にとって、初回から彼のような人と一緒に登れたことはすごく助かりましたし、とても良い経験になりました。
 
おかげで山登りが楽しいと思えたので今があります。
 
ソロのほうが内弁慶にならず、誰とでも気さくに話せるような空気感が生まれるような気がして、これもまたソロ登山の醍醐味だと思ってます。
 
 

一人でいろんなところに行ける良さ

私は主に奥多摩・奥武蔵・秩父の低山を山歩きすることが多いんですが、この辺は田舎です。普段は用事もないのに行くことはなかなかありません。
 
秩父方面のお山に行く時はいつもレッドアローに乗っていくんですが、もうこれだけでちょっとした一人旅気分ですからね。
 
行きは当然飲みませんけど、帰りは列車の中で軽く飲んでますし、その電車の旅自体が楽しみの一つになってます。
 
登山という目的があるおかげで行ったことないところに一人で行ける、フットワークが軽くなる、これもまたソロ登山の醍醐味だと思ってます。
 
例えば秩父鉄道の浦山口駅とか三峰口駅とか、登山という目的がなかったら恐らく一人で行くことはなかった土地だと思います。
 
道の駅でもある大滝温泉で下山後にひとっ風呂使ってのんびりしすぎたら帰りのバスがなくなってたなんて経験も良い思い出です。
 
私の住んでるあたりでは17時が終バスなんてあり得ないですから、また一つ勉強になりました。
 
私はこれまで一人旅という行動をあまり意識したことがなかったんですけど、ソロ登山に出会ったおかげで結果的には一人旅の機会が増えて、いろんな経験が積めるようになりました。
 
 

自分で計画する楽しさと学び

基本的に行き当たりばったりでここまで生きてきたと自分では思ってるんですが、登山はそれだと通用しません。
 
最初のうちは考え方がけっこう甘くて、計画なんて立てなくても何とかなるさって思ってた節もありましたが、そういう考えは遭難しかけた経験などによって吹っ飛んでいきました。
 
未だに計画的に生きる瞬間は山行計画を立てる時くらいですけど、この計画を立てるという行為自体が楽しい。
 
登山の基本は『自分のことは自分でやる』だと私は思うので、決してソロ登山じゃなくても計画はキッチリ立ててるつもりなんですが、ソロ登山の時は困った時は相手の知恵に頼るみたいな甘えが一切無しになる分だけ、より必死こいた登山計画を本能が立てさせます。
 
日頃、行き当たりばったりで生きてる私にとっては計画性を持つという行為自体が学びでしかありません。
 
ソロ登山のおかげで人生設計にも前とは違う変化が生じたように私自身は感じています。
 
 

ひとり温泉で食って寝る

ひとりキャンプで食って寝る的な番組が金曜日のテレビ東京でやってるので、この見出しはそこからパクってきたんですが、ひとり温泉最高です!
 
山行にしても入浴にしても私はマイペースが好き。基本的に長風呂なので、誰かと足並みを揃えて湯に浸かるというのが苦手です。
 
私は茹で蛸になるまで湯船に浸かりたいし、露天風呂ならそれを一回冷却させて、また湯船に浸かるの繰り返し。
 
同じく長風呂の人ならいいかもしれないけど、そうじゃない人とは全く足並みが揃いません。
 
登山後の楽しみといえば温泉!私にとってそれはもはや儀式のような行動になってますが、自分のペースで湯に浸かり休憩所で蕎麦やつまみを食べながら粛々と飲む。
 
この動作込みで登山が好きなので、その時間を人のペースにあまり邪魔されたくないなあという気持ちがとても強いです。
 
『ひとり温泉で食って寝る』
 
さすがに寝ちゃうと帰れなくなってまずいので寝ないようにはしてますが、こないだ山帰りにバスの中で寝ちゃって大変なところに行っちゃいました笑
 
 

ありのままの自分と向き合う貴重な時間

ランニングも登山もやっている方は絶対に共感してくれると思うんですが、ランニング時の精神状態と山行時の精神状態ってかなり似てますよね。
 
有酸素運動をすると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが活性化されるので、気持ち的にも前向きになれるとされてますが、このような精神状態はランニングからも登山からも得られるものだと思います。
 
ランニングの時もそうなんですが、登山の時ってすごくいろんなことを考えるんですよ。良い方の感情が自分の心から溢れ出てくるような感覚なんですが、この感覚を自分はとても大事にしてます。
 
ある意味ではマインドフルネス瞑想とも近い気がするんですが、ありのままの自分の心や思考とひたすら向き合える時間、『動的な禅』の時間とも言えるので、私はその時間を誰かに邪魔されたくない。
 
もちろん、仲間と話しながら登るお山もすごく楽しいです。でも、なんとなくセンチメンタルな気持ちのままに黙々と山頂まで登る時間も同じくらい良い。
 
どっちも良いからこそ、どっちも自分にとってなくちゃ行けない時間だと思ってます。
 
初めて山に登った時、展望の良いポイントから自分の家がある方向を眺めました。
 
ものすごく豆粒のような存在に見えました。そこに住む私はもっと豆粒のような存在だし、そんな私の悩みや不安や苛立ちなんて顕微鏡でも見えないようなものかもしれない。
 
そう思った時に気持ちが楽になりました。
 
そういう感情は日常ではなかなか到達できないところなので、たまに一人で山に登って、自分自身の奥底に潜んでる感情を思う存分呼び覚ましたい・向き合いたいという思いはあります。
 
それができるのもソロ登山の良さ。
 
 

まとめ

以上、なんで自分はソロ登山が好きなのか?を振り返りながらまとめました。
 
相性の良い仲間と登るお山は楽しいし、同じ喜びや感動を人と共有できる素晴らしさがあります。
 
けど、自分だけで噛み締める喜びや感動もこれはこれですごく良い。
 
どっちも最高だなって思うけど、来週は久しぶりのソロ登山になるので心躍る自分がいます。
 
山には登るけどソロ登山はしたことないという方、ソロ登山から始めたいという方、本当に最高なので是非やってみてください!
 
ただ、誰かといる時以上に安全管理への意識が大事にはなってくるので、くれぐれもその点だけはお気をつけください!
 
人といる時は何とかなることも一人では何ともならなくなります。
 
ではでは!
 

0

この記事へのコメント

トップへ戻る