誰でも簡単!LINEでも使えるお手軽手品マジシャンズセレクト

趣味

12月と言えば冬休み!クリスマス!有馬記念!そして!忘年会の時期ですね。
 
今回は画用紙やタブレットで下準備をしておけば、そんな忘年会のネタとしても使えるし、対面じゃなくてもLINEでも簡単に出来ちゃう手品を紹介します。
 
この手品を使えば
 
可愛いあの子を…
狙い撃ち!バキューン!

 

となるように…健闘を祈ります。
 
ちなみに手品詳しい人にとってはタイトルがすでにネタバレなので「知ってるよ!」という人は、そっとこの記事からは離脱して、ぜひ他の記事でも読んでいってください。
 
 

まずはやってみよう

タイトルみても何が何だかわからないという人はまず実際にやってみましょう。これから私がアナタに手品を見せます。
 
以下、見出しの通りに選択していってください。
 
※動画バージョンもありますのでお時間ない方は動画をご覧ください(ネタ自体は同じです)

誰でも簡単に出来る!忘年会やLINEでも使えるお手軽手品お見せします!

1.次の単語の中から好きな単語を1つだけ自由に選んでください

 
プロレス
海鮮
バーベキュー
ハイヒール
緑色
ホラー
お寿司
化粧

 

2.次の単語から1.で選んだ単語と最も関係があると思う単語を1つ選んでください

 
わさび
展望台
流血
アルバイト
ししとう
高層ビル
口紅
商談

 

3.先ほどと同じように2.で選んだ単語と最も関係があると思う単語を1つ選んでください

 
狭い
黒い
丸い
赤い
甘い
青い
辛い
白い

 

4.また同じように3.で選んだ単語と最も関係があると思う単語を1つ選んでください

 
数学
 
ホームベース
 
雪国
 
カラス
 
唐辛子
 
パンダ
 
礼服
 
柔道着

 
 

あなたが最後に選んだ単語は…

 
 
 
 
 
 
 
 
唐辛子
 
ですね。
 

マジシャンズセレクトの解説

これで「いいえ!違います!私は柔道着を選びました。」なんて展開になるとちと辛いんですが、恐らく無事に唐辛子を選んで頂けたのではないかと思います。
 
この手品を『マジシャンズセレクト』と呼ぶそうなんですが、要は最後に選んだものを当ててるのではなく、始めからそうなるように仕込んで誘導をしています。
 
作り方自体は非常に簡単なので、手順を解説したいと思います。
 

手順1 ゴールとなる単語を決める

今回のマジシャンズセレクトで言えばゴールは『唐辛子』という単語でした。
 
このようにまずはゴールとなる単語を決めます。ニンニクでも構いませんしチョコレートでも構いません。
 
ただし、選ぶ単語によっては先の手順が難しくなる場合がありますので臨機応変にゴールは変更しましょう。
 

手順2 ゴールとして設定した単語と関係が深い単語を2つ決める

今回は唐辛子をゴールにしましたので、次にこの単語と関係が深い単語を2つ決めます。
 
今回のマジシャンズセレクトでいえば『赤い』『辛い』にしました。
 
最初にゴールとして選んだ単語から上手いこと連想できる単語がでない場合にはゴールを変えてみましょう。
 

手順3 選んだ2つの単語と関係の深い単語を合計4つ決める

赤い辛いを2つの単語として選びましたので、次はこの2つの単語と関係の深い単語を各2つずつ合計4つ決めます。
 
今回は
 
赤いと関係が深い単語として『口紅』『流血』
 
辛いと関係が深い単語として『ししとう』『わさび』を選びました。
 

手順4 選んだ4つの単語と関係の深い単語を合計8つ決める

1つが2つになり、2つが4つになり、最後は4つが8つになります。
 
先ほど決めた『口紅』『流血』『ししとう』『わさび』という4つの単語と関係の深い単語をまた各2つずつ合計8つ選びます。
 
今回はこのようにしました。
 
・口紅
『ハイヒール』
『化粧』
 
・流血
『プロレス』
『ホラー』
 
・ししとう
『緑色』
『バーベキュー』
 
・わさび
『お寿司』
『海鮮』

 

手順5 ダミーの単語を作る

あとはダミーの単語を混ぜて、毎回の質問で単語を8つ並べられるようにします。
 
つまり、最初の質問はダミーが無し、2回目の質問はダミーが4つ、3回目の質問はダミーが6つ、最後の質問はダミーが7つ必要になります。
 
ダミーを作るポイントとしては先ほどまで誘導するために選んだ単語とは極めて関係性が薄いものを選ぶことです。
 
今回のマジシャンズセレクトで解説すると、最後に唐辛子を選ばせるために赤いか辛いを前の質問で選んでもらわないといけないので、例えばもし白いとかを選ばれちゃうと最後は柔道着とか雪国になってしまう恐れがあります。
 
例えば、最初に野球という単語を選んだ人は次の質問がサッカーボールか?グローブか?って質問だったら絶対にグローブを選ぶでしょうから、そのくらい真逆のもの・関係のないものをダミーとして選んで、あとは列挙する順番をシャッフルすれば完成です!
 
 

LINEで使うのに適してる

このマジシャンズセレクトの良いところは文字だけで出来る手品ですから、LINEとかでもやれちゃうところですね。
 
各質問を1回ずつ送って一問一答形式でやりとりしていけば、今回みたいに記事上とかでやるよりも種がバレるリスクも少ないですし、当てた時に相手がすごくビックリしてくれます。
 
私はそうやってよくバキューンって引っ掛けてます
 
宴会などでやる時は事前に単語を仕込んで、スケッチブックの画用紙1枚につき1問ずつ質問出していったり、タブレットでスライドショーみたいに1問ずつ画像を切り替えられるようにしておけば良い感じでやれると思います。
 
というわけで、今回は宴会でもLINEのやりとりでも手軽に使える超簡単な手品『マジシャンズセレクト』を紹介しました。
 
これでアナタも「狙い撃ちバキューン」間違いなしです!
 
ではでは!
 

0

この記事へのコメント

トップへ戻る