【連載】方針設定をしよう!ブログやチャンネル運営をする上で大切なこと

ウェブ

実はこのブログ以外にも運営しているブログがあります。そっちは仕事の集客も兼ねて運営しているのでハンドルネームではなく、実際の屋号で運営してます。
 
そっちのブログはもう始めてから何年か経ってるので、このブログも半月くらいでアドセンスを貼れるようにはなりましたが、まだまだ全然、前からやってるブログのほうが収益は大きいです。
 
てゆうかまだこのブログからは1円も収益なんて出てはいません!!笑
 
正直、書きたいという欲求や少なからず承認欲求を満たすためにやっているので収益は二の次と考えていますが、もちろん自分の欲も満たせて少しでもお金が入ってくることは大変喜ばしいことなので、引き続き大切に育てていきたいと思ってます。
 
 

さいしょに

さて、これからブログやYouTubeのチャンネルを運営しようと思ってる方はやはり収益化には多少なりとも興味があると思います。
 
今日も、いや、もう0時をまわってるので昨日のことですが、久しぶりにブログやりたい!YouTubeもやりたい!って人からプライベートで始め方の相談を受けました。
 
人から相談を受けると、改めて自分の中で明確になっていることや、逆にふわっとしていることが整理されていく感じがします。
 
今そういう良い感じの心理状態なので、この勢いそのままに自分がこれまでブログの運営をしてきて大切だと思ったこと、またYouTuberのチャンネル運営支援をしてきて大切だと思ったこと。
 
運営において大切なことは基本的にブログもチャンネルもそんなに違いはない、共通してる部分がたくさんあると思いますので、今回はその大切だと思ったことをまとめて解説したいと思います。
 
※当初は1記事で書き切る予定でしたが、思ってた以上に長くなりそうなので、パート毎に記事を分けることにします
 
 

テーマをしっかり決めること

とてもありきたりな解説になってしまって申し訳ないんですが、テーマを決めることってそれくらい大切なことだと思うので、初回はここから解説していきます。
 
ブログやチャンネル自体のテーマをしっかり決めたほうがいいのはもちろんのこと、自分はなぜそれを運営するのか?というテーマもしっかり決めた方が良い(持っておいた方が良い)と思います。
 

そのコンテンツのテーマを決める意義

ブログやチャンネルのテーマは別に「何かに特化してなくちゃいけない」という縛りはありません。
 
このブログも雑記ブログで、競馬のことも書けばアプリのことも書きますし、こういったオピニオンみたいな記事も書きます。
 
ただ、特化ブログをやるにしろ、雑記ブログをやるにしろ、いずれにせよ言えることはテーマを持って方向性を決めることが大切だと思います。
 
なぜかというと、初動の段階がクネクネしていると先々もずっとクネクネしがちになるからです。
 
どんな方向性だったとしても、そのテーマがしっかりしてないと、じゃあどんな人に伝えていくのか?という次の段階が設定しづらくなりターゲットが見えてこないという、またまたクネクネした状態になってしまうと思うので、最初にそのコンテンツのテーマはしっかりと決めた方が後々の方針設定にも良い影響が出ると思います。
 
ただ、もちろん最初のうちはとりあえずやってみることを重視して、トライアンドエラーを重ねながら自分自身をアップデートしていくという道を選択することも全然良いんじゃないかなとも思ってはいます。
 
百聞は一見に如かず。ですしね。
 
失敗したからといって辞めないで続けてれば何かしらの花はきっとひらきます。
 
でも、後でテーマをやっぱりこうすれば良かったとか気付いてギミックを変えたり、軌道修正していくのはけっこうカロリー使うので、出来れば最初にテーマはしっかり決めた方が良いということです。
 

なぜ運営するのか?というテーマを持つ意義

私は山登りもするので思うんですが、山って本当にそこに山があるから登るんですよ。
 
登山する理由を聞かれてもこうやって大雑把に返しますし、実際にこんな大雑把な理由で登ってます。
 
何かをやる時にいちいち細かい理由なんて考えなくて良いと思うけど、実際にはそこにあるから登った山の中で景色の素晴らしさとか、素敵な出会いとか、美味しいご飯とか、辞められなくなる細かい理由も存在するし、生まれてくるわけです。
 
やる前から細かい理由付けをいちいちするのは難しいと思いますし、続けていく中で自分自身になんらかの進化があるので、その進化の過程でもっと細かい理由付けができるようになってくると思うんですけど、でも大雑把でいいから初期段階でひとつテーマを持っておくとやはり良いですね。
 
そして、そのテーマも全然カッコつける必要なんてなくて「お金を稼ぎたい」でもちろん良いと思いますし、「文字を書きたい」でも「誰かに伝えたい」でも「誰かにかまってもらいたい」でも良いと思うんです。
 
むしろ、自分自身には決して嘘をつかないテーマが絶対に良いと思います。
 
この、テーマを決めた方が良いという最大の理由は、後で書くつもりでしたが、ブログにしてもYouTubeのチャンネルにしても、ある程度の結果が出るまで続ける必要があります。
 
いくら中身が良くても企画が良くても、明日からすぐに結果は出せません。
 
続ける上で、続けるための様々な工夫が功を奏する場合もあるかとは思いますが、やはり最終的には自分の気持ち次第です。
 
心が折れればどう足掻いても続けることは難しいと思うので、心が折れないように継続が途絶えないように、その支えとしてテーマを持ってるかどうか?は大事になってくると考えます。
 
 

おわりに

とりあえず今回はここまで!すでに2,000字を超えてしまってるので続きは次回にしたいと思います。
 
今回はテーマを決めることに終始してしまいましたが、何となく始めてみるというフットワークの軽さももちろん大事なんですが、何となくボンヤリ始めると必ずコンテンツのテーマにしろ、自分自身のテーマにしろ、壁にぶち当たる瞬間は訪れると思います。
 
どちらのテーマにも言えることは「自分の気持ちに嘘はつかない」ということでしょうか。
 
ウケが良さそうだからと自分が全く好きでもなく興味もないジャンルをテーマにしたコンテンツを作るよりも、絶対に自分が好きでワクワクするようなテーマでやったほうがあらゆる面で良いと思います。
 
『好き』はそれ自体が才能で、本当に「好きこそものの上手なれ」というやつで好きなことはメキメキと上達して掘り下げていくことができますから、結果的に読者・視聴者のタメになるコンテンツが出来上がると思います。
 
また、好きという前提があるからこそ、自分自身がそれを運営する意味・続けていく意義が見出せるとも思います。
 
次回はその点を踏まえて、じゃあ特化型がいいのか?雑記型でもいいのか?という部分について、私の経験や考えを解説していく予定です。
 
ではでは!
 
 
※続きの記事はこちら!

2+

この記事へのコメント

トップへ戻る