ムカつく!イラつく!そんな時に私がやってる落ち着かせ術

考え

ちょっと前に(一昨日かな?)不満や悪口ばかり発信してると自爆するよ?という趣旨の記事を書いたばかりなんですが、どうやら本当に自分がある人から悪口を言われてる確証を掴んでしまって、ちょっとイラッとしてるので記事でも書いて落ち着こうと思います。
 
まさかこの歳になって子供みたいな悪口を言われる機会があるとは思わなかったんで(あるのかもしれないけど相手が巧妙だと気づかないし)ちょっと笑えるなとも思うんですが、相手が巧妙じゃないが故に私の耳にそれがバッチリ入ってきちゃいまして、やっぱり悪口って言われると良い気分しないですよね。
 
でも、もう大人というか本当に私もその相手も良い歳ですから、相手の土俵まで降りていって悪口合戦しても仕方ないですからね。
 
心を落ち着かせることにしました。
 
というわけで、今回はそんなムカッと来た時、イラッと来た時に私がやってる心落ち着かせ術を紹介したいと思います。
 
本当は不満や悪口を放とうとする人に、「ちょっと待って!」という思いを込めて紹介するつもりだった心落ち着かせ術なんですが、まさか悪口言われた側がこれをやることになるとは。
 
 
前回書いた不満や悪口ばかり発信してると自爆するよ?という記事はコチラ!

 

ランニングする

既に生活の中でランやジョグを取り入れてる人はこれの効果の偉大さは肌身でもって理解されてると思います。
 
なんかムカムカすること、イライラすること、モヤモヤすることがあっても、30分〜1時間もゆっくり走れば忘れちゃうというかどうでもよくなっちゃうんですよね。
 
ランニング・有酸素運動の際は幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンが活性化されて脳や精神の状態を正常に保ってくれるそうです。
 
なので、運動は絶対嫌だという方に無理強いはしないですが、ランニングを生活習慣に取り入れることはとてもオススメです。ダイエットにもなりますしね。
 
私自身、ランニングを取り入れる前と取り入れてからでは自分の心を制御する精度が遥かに高まったような気がしてます。
 

 

瞑想する

運動は絶対嫌だ!外なんて走ってられるか!という人にオススメしたいのが瞑想です。
 
瞑想といっても特に心を無にしようとかは思わなくて大丈夫です。
 
心を落ち着かせる上で呼吸ってすごく大事だと思うんです。私も含めて現代人は呼吸も忘れて生活してますから日常的に息が浅い。
 
緊張している時、嫌な思いをしている時、つまりリラックスできてない時、人の呼吸は浅くなりがちなわけで、呼吸が浅いということはそういう精神状態を作ってしまうトリガーとも言えます。
 
リラックスできる体勢で座り、目を閉じて、深く吐いて深く吸うことを意識する、それを10分くらいやってみる。
 
これだけでかなりムカムカ・イライラ・モヤモヤは解消されるんじゃないかなと思います。
 
その際に、さっきも書きましたが心を無にしようといった感情は不要です。むしろ頭の中に自然と浮かんできた思考に対してしっかり向き合ってみるくらいの意識で良いと思います。
 

 

ダッシュする

ランニングと同じじゃんと思うかもしれませんが、ここでいうダッシュはちょっと違うもので、例えば夜遅くて走れないとか、出先だから走れないとか、そんな時にその場でもも上げみたいな感じでいいので出力高めのダッシュをします(実際に走る必要はありません)
 
これ、空腹感を10秒で満たす方法として紹介されている有名な手法なんですが、興奮やストレスがかかると、人の脳は栄養があると勘違いして空腹感を消してくれるそうなんです。(アドレナリンが分泌されることで血糖値が上がるからだそうです)
 
この手法をムカムカ・イライラ・モヤモヤしてる時に試してみたんですが、なんかもうテンションが上がって他のことはどうでもいいやって気持ちになれて、けっこう効果がありました笑
 
ダッシュ以外でも全然良いと思うんですよね。野球やってる人なら素振りとかでも良いと思いますし、腕立てとか腹筋とか自重トレでもいいですよね。
 
運動全般が嫌なことを忘れる作業としては適していると思います。
 
 

文字を書く

今まさにやっていることなんですが、文字書くとけっこうスッキリしますよね。文字を書くことに没頭すると嫌な気持ちなんてどっかいっちゃいますし。
 
今日はイラッとしたのがもう夜中だったので、ランニングに行くような時間でもなかったものですから、この記事を書くことで心を落ち着かせています。
 
ただし、SNSとかへの投稿は逆効果かなとも思います。そういう心理状態で投稿する時の多くは悪口投稿とか病んでる投稿になっちゃうと思うので、何かを書くこと自体は気晴らしにはとても良い手法だと思うんですが、SNSでの発信はあまりオススメしません。(LINEとかメッセージツールに書くことも同じような結果になる気がするのでオススメしません)
 
ちなみに私がSNSで悪口投稿や病んでる投稿、他には自分に酔ってる投稿など、翌日になって顔から火が出そうになる投稿や人との関係がこじれそうな投稿をしないようにするためやってることは…
 
スマホのメモ帳に下書きレベルで書くという方法です。
 
SNSとかメッセージツールの画面だと、一時的な感情でガシガシ書いて「送信」ボタンがすぐに押せちゃう。
 
これが冷静な判断力を奪い取る要素だと思ってます。
 
一旦、下書きレベルでツラツラと書いてると段々どうでもよくなってくるので、私自身はこの抑止策は非常に有効だなと思ってます。
 
 

お酒を飲むのは逆効果

私は飲むことが好きで休肝日がほとんどない人間ですが、こういう気分の時だけは自重するようにしています。
 
まず酒は美味しいお酒・楽しいお酒を飲みたいですからね。
 
そうじゃない時でも、たとえば競馬で馬券を外したからとか、仕事で失敗しちゃったからとか、そんな時は次に向けて切り替える意味で飲んで忘れることはありますけど。
 
ムカムカ・イライラ・モヤモヤ、そんな決して良いとは言えない感情を抱いてる時は基本的に飲まないようにしています。
 
たとえば悪口を言われて苛立ってる時、酒が入ってテンションが上がってくると勢いに任せて喧嘩腰で本人に指摘しちゃうかもしれないですし。
 
モヤモヤしてる時なんかはいくら酒を飲んでもそのモヤモヤは消えることはないどころか、日をまたいで気持ちが増幅していくことが常ですからね。
 
こういうネガティブな感情を抱えてる時は、酒なんて飲まないでさっさと寝てしまった方が傷が深くならないで済むんじゃないかと思ってます。
 
 

(悪口を言われた場合)言い合わない

悪口を言われてたという事実を知ると、やはりそりゃあ気分は悪いですよ。
 
でも、相手の土俵までおりていって同じように悪口を言い返したり、勢いで相手に直接指摘しても解決には結びつかない(自分の心も落ち着かない)と私は思ってます。
 
まず、多くの場合、誰かの悪口が発覚する時って内通者がいますから、いくらカッとなったからといって相手に直接指摘しちゃうと内通者の人に迷惑もかかりますし、もっと話が拗れてモヤモヤしますし。
 
大体の場合、悪口を言ってくる相手のことは実はこっちも好きじゃない人だったりするんですよ。
 
だから関係を断ち切る良い機会なんじゃないかって、むしろ私はそう思うことにしています。
 
1番自分の心にとっても良くないことは『悪意の返報性』の中に自分の身を置いてしまうこと。
 
相手がこう言ってきたからこう返してやる!ってやってると、それは決して冷めることのない灼熱地獄に足を踏み入れてしまうことと同じだと思います。
 
 

おわりに

くだらない悪口を言われるとイラッとする気持ちはわかるんですが(私なんか激情型で一時はかなり燃え上がります)でも、1番ハッピーなのはそういう人とは自然消滅させることだと思います。
 
私も今回、ある人から悪口を言われたことがキッカケでこんな記事を書いてますが、本当いいネタを提供して頂いて、記事を増やすことができて、ありがとうございますという感じです。
 
指摘するほど相手のことを考えられなくなってしまったので、もう何がなんでも自然消滅。私からは何も言いません。それで良いと思ってます。
 
最後に話が大きく脱線してしまった感がありますが、今回ご紹介した心落ち着かせ術
 
私自身にはどれもけっこう有効なものばかりなので、もし取り入れてないものがあれば是非試してみてください。
 
ではでは!
 

1+

この記事へのコメント

トップへ戻る