【ato-ichinen】1クリックでGoogleの検索結果を1年以内に絞り込むChrome拡張機能

ウェブ

皆さん、パソコンのブラウザは何を使っていますか?
 
私は長らくGoogle Chromeを使っています。
 
Chromeユーザーには言わずもがなだと思いますが、Chromeの良いところは拡張機能をインストールすることでより便利にブラウジングが出来る点ですね。
 
あまりたくさん入れると重たくなってしまうので、あくまでも必要な分だけインストールすることもポイントにはなりますが…。
 
さて、今回から私が長らく使っていて
 
「これは欠かせない」
 
と思うChrome拡張機能を少しずつ紹介していこうと思います。
 
 

ato-ichinen

今回紹介するChrome拡張機能はめちゃくちゃシンプルなものです。
 
でも、このシンプルさがけっこうかゆいところに手が届く感じ。
 
私はずっと重宝し続けています。
 

 

この拡張機能で出来ること

ご存知の方も多いかと思いますが、Googleの検索結果は対象期間を絞ることができます。
 
設定できる対象期間は
 
1 時間以内
24 時間以内
1 週間以内
1 ヶ月以内
1 年以内

 
あとは手動で期間を選択して絞り込むこともできます。
 

 
今回紹介する『ato-ichinen』という拡張機能ですが、これをインストールしてONにすると、自動でこの検索結果の対象期間を1年以内の状態にしてくれるというものです。
 
検索結果の対象期間を絞り込むメリットとしては、古い情報を掴まされないことが真っ先に挙げられると思います。
 
例えば「ツイッターの使い方」と検索をしたとして、ツイッターはもう10年以上も運営されているサービスですから、中には今のアプリでは対応できない使い方が紹介されている記事などが検索結果の上位に出てくることもあります。
 
そんな時に検索結果の対象期間を絞れば、古い情報を弾いた状態で調べることができるわけですね。
 
前述の通り、この拡張機能をインストールしなくても、対象期間の設定はGoogle検索のデフォルト機能として用意されていますから、対象期間を絞り込むことはできます。
 
でも、この拡張機能をインストールしていれば、その操作を1クリックでやれちゃうので、私はかなり重宝しています。
 
 

使い方

まずは拡張機能のインストールが必要になりますので、下のリンクにChromeからアクセスしてインストールします。
 
※下の参考図はPCからのアクセス時
 

 
Chrome拡張機能のインストールは簡単で、この「Chromeに追加」ボタンをクリックするだけでOKです。
 
インストールが完了すると、Chromeブラウザの右上に「1」というアイコンが表示されるようになります。
 

 
このアイコンをクリックするだけでON/OFF切り替えることができ、ONの状態でGoogle検索すると検索結果の対象期間は1年以内のものだけが表示されます。
 
対象期間を絞り込みたくない時は、再びクリックしてOFFにするだけでOKです。
 
 

この拡張機能を使わずに対象期間を絞り込む手順

せっかくなので、Google検索の画面で対象期間を絞り込む際の手順も紹介しております。
 
まずは検索したいキーワードで検索をして、結果の一覧画面を表示します。
 
そうすると検索結果の上のほうに「ツール」というメニューがあるので、これをクリックします。
 

 
「ツール」をクリックすると、その下に「期間指定なし」という項目があると思いますので、これをクリックして対象期間を選択すれば完了です。
 

 
 

シンプルだけど便利ですよ

1年以内よりも更に短い対象期間で検索したい時は、最後に紹介した拡張機能を使わずに設定する手順を踏む必要があります。
 
が、1年ってちょうど良いくらいの対象期間だと個人的には思ってます。
 
短すぎても良い情報が出てこないことも多いですからね。
 
この拡張機能をインストールしていれば、ものすごく簡単な操作で検索結果の対象期間を絞り込むことが出来るので、まさしく背中のかゆい部分に手が届いちゃうような感じです。
 

2+

この記事へのコメント

トップへ戻る