【AJCC2020】今回は当てるぞ!逆神トマトのマインドマップ予想と印馬

今回から主に仕事で活用しているマインドマップを、収集した予想データの分析に活用することにしました。
 
これまでよりも考えがしっかりまとまった感がありますので、しばらく試してみて良かったら「マインドマップでファクター情報をまとめる手順」もこのブログで紹介したいと思います。
 
さて、今週は2つのG2東海SとAJCCが開催されますが、私は中山のAJCCで勝負です。
 
 

 

AJCC2020マインドマップ


 
拡大画像はこちら
 
 

逆神トマトのAJCC2020予想印

さて、わたくし逆神トマトことりこぴんDの予想印をさっそく発表します。
 
今回はマインドマップの利用によって、だいぶ考えを整理することができました。
 
 
◎ステイフーリッシュ
○ミッキースワロー
▲スティッフェリオ
△ラストドラフト
△ニシノデイジー
 
☆ウラヌスチャーム
☆グローブシアター

 
 

◎ステイフーリッシュ

収集したデータをマインドマップで可視化し採点したところ、ミッキースワローと並んでステイフーリッシュが最も高い点数になりました。
 

血統

過去傾向から見るこのレース、父系がサンデーサイレンスの馬が良績を上げています。
 
母父系で良績をあげているのがミスプロ系ですが、この馬は母父にキンカメ持ちということで、父系・母系ともに過去傾向とマッチします。
 
あとはノーザンテーストの血が入ってる馬の好走パターンが多いとされているレースでもありますが、ステイフーリッシュはノーザンテースト持ちということで申し分ありません。
 

乗り替わり

採点ではミッキースワローと並んでの1位となりましたが、こちらを本命とした理由はルメールへの乗り替わりというのがやはり大きいですね。
 
今回は中谷からルメールへの乗り替わりですから、ハッキリ言ってしまえば大鞍上強化になります。
 
ただ、それだけではありません。
 
過去傾向を見ると、このレースは乗り替わりが発生した馬の方が好走しています。
 
特に当日5番人気以内だと、過去8年で5勝しています。
 

その他

ノーザンファームの外厩ではないので、そこまで重視するわけでもないんですが、でも前走は使わなかった外厩を今回は使ってきていることも評価しました。
 
あとは美浦・栗東だと傾向的にやはり栗東馬の方が勝率が良いこと。
 
ただ、関西馬・関西騎手のコンビは当日2番人気以内でないと過去10年馬券内に入ってないという不吉なデータがあります。
 
2番人気以内は難しいと思いますので、ルメールを外国人騎手としてみるか?関西騎手としてみるか?
 
これだけは難しいところですね。
 
 

○ミッキースワロー

自己採点では◎のステイフーリッシュと並んでの1位でした。
 
今回は菊沢一から横山典へと、また鞍上が戻るわけですが、近走は菊沢で結果が出ていましたから、個人的にはこのパターンはあまり鞍上強化には思えないパターンですね。
 

血統

ミッキースワローもトーセンホマレボシ産駒ですから父系はディープ系・サンデーサイレンス系になります。
 
母父系はトニービンなので、近年の好走パターンには名を連ねてはいないのですが、昨年暮れ頃はデータによると、グレイソヴリンの血が入ってる馬が中山で好走していたようです。
 
まあ、AJCCを親子で勝利しているルーラーシップも母父はトニービンですからね。
 
そして、この馬もノーザンテースト持ちですから、血統面ではステイフーリッシュ同様に申し分ないと判断しました。
 

その他

枠はめちゃくちゃ良いところに入りました。
 
3枠は過去8年の勝率が最も高い枠で16.7%です。
 
また、前走上がり3Fのタイムも評価ポイントで、前走の上がり3Fが1〜2位以内の馬は過去8年で4勝しています。
 
今回出走する馬では前走上がり1〜2位以内の馬はミッキースワロー1頭です。
 
そして、継続騎乗よりも乗り替わりが好走するパターンが多いレースなので、その点もプラス要素ではあります。
 
ただ、冒頭でも書いた通り、菊沢が騎乗していく中で復調してきただけに、この点に対する評価はちょっと複雑ですね。
 
あとは不吉なデータをひとつ、このレースは過去10年で1番人気が2勝していますが、残りの8年は全て馬券外です。
 
明らかに2番人気の方が好走しているレースなので、当日のオッズは気になります。
 
 

▲スティッフェリオ

昨年から「AJCCに出てくるなら」と狙っていた馬です。
 
今回は収集したデータを十分に分析した上で印を打っているので、自己採点によって少し評価を落としたところはありますが、頭でも狙いたい1頭です。
 

血統

父系はステイゴールド産駒なのでサンデーサイレンス系です。
 
母系はブランドフォード系というなかなかにマニアックな血統です。
 
ブランドフォード自体はイギリスが誇る大種牡馬で、ミスタープロスペクターやダンチヒといった大種牡馬と比較されるような馬です。
 
いわゆる重厚な血統なので、近代競馬高速化の波に飲まれて衰退していきましたが、ドイツのモンズーン、そしてノヴェリストの出現によって復活した血統です。
 
ノヴェリストといえば、ラストドラフトはノヴェリスト産駒なので、父系にブランドフォード系を持ってる馬になりますね。
 
完全に脱線してしまいましたが、特に中山のような時計がかかる馬場においては、母父系にはこういった重厚な血統が入ってるのは良いんじゃないでしょうか。
 
スティッフェリオの場合は言わずもがなですが、中山や福島といったコースで結果を出してますしね。
 
あとはこのスティッフェリオもノーザンテースト持ちですね。
 

その他

継続騎乗は加点できないポイントですが、過去傾向として注目したいのがキャリア21戦以上の馬が当日5番人気以内になると好走するパターンが目立ってます。(過去8年で2勝2着2回3着1回)
 
今の感じでいくと当日の人気は5番人気以内になりそうなので、人気にも注目したいところです。
 
 

△ラストドラフト

4歳馬の複勝率が高いレースです。
 
父系はノヴェリストということで、先ほども書きましたがブランドフォード系なので重厚な血統になります。
 
今年は2000mですが中山の芝コースで1勝しています。
 
母父はディープなので、このレースで好走している母父系サンデーということになりますし、日本の仕様にマッチする上では必須となるキレを、母父ディープがカバーしているのかもしれませんね。
 
基本的には継続騎乗より乗り替わりの好走が目立っているレースですが、短期免許のマーフィーが継続騎乗することはそういう傾向無視で魅力的ですよね。
 
自己採点の結果はイマイチでしたが、枠も過去傾向が極めて悪い1枠1番は避けてくれましたし、インで上手く立ち回れる鞍上なので狙ってみようと思いました。
 
 

△ニシノデイジー

4歳馬の複勝率が高いレースですからね。
 
今回は乗り替わりということで、継続騎乗よりも買いたくなるポイントなんですが、更に鞍上の田辺はこのレースを過去8年で2勝しています。
 
父はハービンジャーということで、中山の非根幹距離でいえばブラストワンピースが有馬記念を勝ってるので良さそうなイメージはありますが、昨年はハービンジャー産駒、中山2200mで1勝もしてないですね。
 
今年は3回走って1勝、一昨年は12回走って2勝。
 
父系の血統については何とも言えないところはありますが、母父系はアグネスタキオンということでサンデー系だから良いのではないかと思います。
 
ちなみに自己採点の結果は、前走馬体重(480-499kg台)なども含めるとステイフーリッシュ、ミッキースワローに次ぐ位置につけました。
 
近走はあまり結果を残せてない馬ですが、4歳馬であること、自己採点の結果、そして鞍上に期待して印を打ちました。
 
 

☆ウラヌスチャーム

収集したデータに基づいて行った自己採点の結果はニシノデイジーと並んで上位でした。
 
実はもっと重たい印を打つつもりでいたんですが、枠が…1枠なんですよね。
 
このレース、過去8年で1枠と8枠は1勝もしてません。
 
5番人気以内の馬でも連対すらしてない枠なので、1枠は決して良いとは言えません。
 
しかし、血統的にはノーザンテースト持ちであること。
 
ダンビュライトが勝っているレースですし、ルーラーシップ産駒である点も評価ポイントです。
 
そして、これは当日どうなるかまだわかりませんが、このレースは7番人気がよく馬券に絡んでいます。
 
どうやらそのくらいの人気になりそうな馬なので、当日の人気も注目ですね。
 
あとは前走は使わなかった天栄の外厩も使ってくるようなので、不吉な1枠ではありますが、紐でおさえたいと思います。
 
 

☆グローブシアター

自己採点の結果がニシノデイジー、ウラヌスチャームに並ぶ上位でした。
 
シーザリオ一族ということで良血ですし、鞍上はこのコースを得意としてますからね。(過去3年勝率20%以上)
 
約1年ぶりのレースですから、頭は厳しいと思いますが紐ではおさえたいと思います。
 
 

ブラストワンピース

個人的にはとても好きな馬で、有馬でも馬券とらせてもらいました。
 
だがしかし!
 
うーん、直近の映像みても明らかにお腹がボテっとしてましたしね。
 
休み明けは走る馬ですが、今回は海外帰りですからいつもの休み明けとは…ちょっとワケが違いますしね。
 
自己採点の結果も良くなかったので無印にします。
 
8枠は1枠同様に過去8年とても悪い枠です。
 
あと、ミッキースワローとブラストワンピースのどちらが最終1番人気になるか、現時点ではわからないですけど、1番人気は良くないレースです。
 
買いづらい要素が揃ったし、この馬はここを叩いて次に良化するパターンだと今回は思うので、ブラストワンピース無印で勝負します。
 
格上馬ですから、アッサリ来ても全然おかしくないので、まさしくギャンブルですね。
 
私が逆神になるかならないかは、この馬にかかってると言っても過言ではありません。
 
 

2020年の結果