ツイッターで使いたいハッシュタグを探す時に絶対便利なツールと運用方法の紹介

ウェブ

今回は私がツイッターのハッシュタグを選ぶ時に活用しているツールを紹介します。
 
ツイッターのハッシュタグ検索ツールは、インスタグラム用のものに比べると、わかりづらいものや有料じゃないと使えないものが多いような気がします。
 
なので、この記事では以下の点にこだわって、厳選したツールだけを紹介したいと思います。
 
・無料で使える
・なるべく簡単に
・アカウント連携不要

 
 

とにかく人気のハッシュタグを探す時

現在のトレンドはツイッターの公式アプリ内でも確認することができます。
 

 
ツイッター公式アプリの虫眼鏡アイコンから「トレンド」を見れば、直近の人気あるハッシュタグなどを一覧で確認することができます。
 
恐らくこれは知ってる人が多いはずですね。
 
 

ついっぷるトレンド

この「ついっぷるトレンド」というサービスは、ツイッターに投稿された情報をランキング化して表示してくれるサービスです。
 
ランキングのカテゴリーは様々ですが、その中のひとつにハッシュタグのランキングがあります。
 
 
ハッシュタグランキング|ついっぷるトレンド Twitterで話題の急上昇ワード【いま】
 

 
ランキング100位まで表示されます。
 
一昨日の分まで確認することができます。
 
何よりツイッター公式アプリで表示されるトレンドとは、またちょっと違う集計になっていることが特徴ですね。
 
一覧も見やすいし、便利なツールだと思います。
 
 

Trends24

ついっぷるトレンド同様、ツイッターでトレンドになっているキーワードを24時間分チェックすることができます。
 
 
Trends24
 

 
このアプリの独自性は、人気のハッシュタグを1時間ごとに分けて見られること。
 
そして国別・都市別にエリアを絞り込んで確認できることです。
 
 

関連するハッシュタグを探したい時

まずは人気のハッシュタグを調べるためのツールを紹介しました。
 
次は、たとえば朝の「おはようございます」とか夜の「お疲れ様でした」とか、ツイートのテーマが既に決まっている時に、どのハッシュタグを使うと良いのか?
 
関連性が深いハッシュタグを見つける時に使えるツールと、見つけたハッシュタグの精査方法を紹介します、
 
 

Hashtagify

たとえば「おはようございます」と関連性が深いハッシュタグを探したい時。
 
このツールを使えば簡単にそのキーワードと関連性が深いハッシュタグを表示してくれます。
 
 
Hashtagify
 

 
上の画像では「昼食」というキーワードと関連性の深いハッシュタグを探しています。
 
キーワードを入力したら「Search」をタップし、ページ下の方を確認すると、関連性があるとされるハッシュタグが10個表示されます。
 

 
フォントのサイズが元キーワードとの関連性の深さを示しています。
 
 

公式アプリでタグを精査する

上記のHashtagifyを使う方法は、突拍子もないようなハッシュタグが出てきたりして、連想していくには凄く良いツールです。
 
しかし、実際には大して使われていないようなハッシュタグも表示されることがあります。
 
表示されたハッシュタグが活用できそうか否か?については、念のためツイッター公式アプリで精査をかけるようにしています。
 

 
たとえば「昼食」で検索したら出てきた「#lunch」を精査してみます。
 
よく使われていることは間違いないですが、日本人の投稿がほとんどないので、外国の方と交流を深めることを目的としてないアカウントでは、このハッシュタグは使わない方が良いと思います。
 
「お昼ごはん」と「お昼ご飯」のような平仮名か?漢字か?の違いだけでも、けっこう状況が変わる場合もあります。
 
「おつかれさまです」「お疲れ様です」「お疲れ様でした」なんかでも細かい違いはありますね。
 
 

精査のポイント

いま挙げたような表記の違いによる細かい違いについては、そこまで極端に差が出るものではないので、どれを使っても良いと思います。
 
より流れが早いハッシュタグを使った方がいいのか?それとも流れが遅めのハッシュタグを穴場的に使うのか?
 
これについては、こうじゃなきゃいけないという答えはありません。
 
どっちが当たるかは試してみないとわからないです。
 
ただし、あまりにも閑散としているハッシュタグは避けた方が良いと思います。
 
具体的には1ヶ月に1回くらいしか投稿がないハッシュタグについては、私は精査の段階で避けます。
 
(自分が検索しやすいようにあえてそういうタグを使う場合はあります)
 
あとは海外投稿だらけのハッシュタグも基本的に使いませんので、横文字系のハッシュタグはほとんど使いません。
 
 

よく使うハッシュタグを登録しておけるアプリ

これまで紹介したツールなどで、ハッシュタグをいろいろ調べていくと、よく使うハッシュタグのような傾向ができます。
 
ただ、こういうハッシュタグはメモしておかないと忘れてしまうことがありますし、毎回メモ帳からコピペしたり、過去のツイートからコピペするのも面倒です。
 
iPhoneアプリですが、My Hashtagというハッシュタグを管理するのに便利なアプリがあります。
 

My Hashtag

My Hashtag
開発元:Oceano Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

My Hashtag


 
このアプリは直感的な操作でよく使うハッシュタグを登録しておくことができます。
 
グループ(カテゴリー)ごとにハッシュタグを分けて管理することができますので、どこに何があるかわからなくなるということもありません。
 
使いたい時はひとつずつタグをワンタップでコピペすることもできますし、グループの中のハッシュタグを丸ごとコピペすることもできます。
 
もちろん、ツイッターだけじゃなくインスタグラムにも活用することができます。
 
 

まとめ

以上が私の使っているツイッターでハッシュタグを活用するためのツールです。
 
インスタグラムの場合はハッシュタグを30個まで使えますし、30個全部使ってる方も多いと思います。
 
ただ、インスタグラムの場合はあくまでも写真がメインで表示されるから30個使ってても鬱陶しく見えないのであって、ツイッターでそれをやると確実に鬱陶しく思われてしまいます。
 
ツイッターに関しては、なるべくハッシュタグを厳選してひとつのツイートに詰め込みすぎないというのも、ハッシュタグ運用のポイントになります。
 

0

この記事へのコメント

トップへ戻る