これ知ってた?Google検索に隠された無料で遊べるミニゲーム3選

ウェブ

Don’t be evil(邪悪になるな)
 
という行動規範でも有名なグーグル。
 
そんなグーグルの製品には遊び心がいっぱいです。
 
役に立つものから立たないものまで、隠しコマンド的なものが多い。
 
探せば各製品に1個くらいは必ず隠しコマンドや裏技があるような気がします。
 
今回のネタはそんなグーグルの
 
裏技?
 
隠れ機能?

 
Google検索の検索窓にキーワードを入力するだけで呼び出すことができる3つのミニゲーム。
 
操作は極めてシンプル。
 
だけど、やってみると意外に難しい。
 
難しいからついつい再プレイしてしまう。
 
情報をまとめる時間よりもゲームをプレイする時間がかかった今回の記事。
 
スマホでサクッと出来るので、ちょっとした息抜きに是非どうぞ。
 
 

TIC TAC TOE

tic tac toeと検索します。
 
日本語でいう三目並べですね。
 
ビンゴのような○×ゲームを遊ぶことができます。


 

SNAKE GAME

snake gameと検索します。
 
画面スワイプでヘビの進行方向を変え、壁にぶつからないようにリンゴを食べさせるゲーム。
 
ヘビゲームで遊ぶことができます。


 

PAC-MAN

pacmanと検索します。
 
パックマンが遊べるのはけっこう有名かもしれませんね。
 
1980年にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から発表されたアーケードゲームです。
 


 
 

まとめ

パックマンは子供の頃もやったことがあるのでお馴染みのゲームという感じですが、三目並べとヘビゲームが地味にハマります。
 
特にヘビゲームは回数を重ねていくことで、スワイプ自体が上手くなった気がします。
 
これはスマホ操作のスピードにも好影響を与えそう。
 
さて、今回はゲームに絞って紹介しました。
 
実はまだまだこれだけじゃありません。
 
検索窓に入力するだけで呼び出せる機能は他にもあります。
 
もっと実用的な機能も隠されているので、そういった機能については改めて別記事でまとめる予定です。
 

0

この記事へのコメント

トップへ戻る