#Windows7の思い出‬ 〜2020年1月14日Windows 7のサポート終了〜

雑記

#Windows7の思い出‬
 
というハッシュタグがツイッターでトレンド入りしましたね。
 
皆さんはWindows 7にまつわる思い出はありますか?
 


 
私はあります。
 
ツイッターでもハッシュタグつけて投稿しましたが、多分1番仕事として弄ったOSなんじゃないかと…。
 
当時はソフトウェアの会社でテクニカルな部署にいました。
 
Windows 7はRC(Release Candidate Version)と呼ばれる製品候補版の段階から、検証と称してガシガシ弄ってました。(弄らされてました)
 
Vistaからメイリオが登場したと記憶していますが、システムフォントとしてメイリオが採用されたのは7からだと記憶しています。
 
それまでのバージョンに比べると、フォント描写も綺麗になったし、Windows Aeroとか、これまでよりもデザイン性を重視するようになったこともお気に入りポイントでした。
 
私の中では今でも7が、機能性やデザイン性などのあらゆる面でシリーズ最高傑作だと思っています。
 
 

#Windows7の思い出〜ツイッター上の声〜

ツイッターからこのハッシュタグがついた投稿をいくつかピックアップしてみました。
 


 


 


 


 


 

Windows 7のサポートが終了するとどうなるの?

この記事では細かく書きませんが、軽くこのことについても触れておきたいと思います、
 
サポートが終了したからといって、Windows 7がインストールされているPCが使えなくなるとか、そういうことはありません。
 
PC自体は今後もそのままで使い続けることはもちろん可能ですが、以下のリスクは生じます。
 

セキュリティ更新プログラムが配信されない

Windowsを使っていると
 
突然PCが再起動し長い長い更新プログラムの適用が始まった。
 
シャットダウンしようとしたら、更新プログラムの適用が始まり、電源オフがなかなかできない。
 
という経験を皆さん一度はしたことがあると思います。
 
煩わしさを感じたこともあるかもしれませんが、このアップデートによってWindowsのセキュリティを最新の状態に保ってくれるのです。
 
サポート終了後は、マイクロソフトからWindows 7への更新プログラム配信はなくなります。
 
なくなると新しいセキュリティ情報には対応できなくなるということなので、リスクが高まった状態でPCを使うことになります。(ネットに繋がなければ話は別)
 

技術サポートが受けられなくなる

WindowsのPCはPCメーカー、もしくはマイクロソフトが電話・メール・遠隔などの技術サポートを提供しています。
 
ただし、これはサポート期間内の製品に限ります。
 
2020年1月14日以降は、Windows 7に関する技術サポートの提供も終了となります。
 
例えば
 
PCが立ち上がらない
強制終了してしまう

 
といったようなトラブルが生じても、サポートエンジニアによるトラブルシューティングを受けられなくなります。
 
 

まとめ

対処方法は、一般的にはWindows 10へとアップグレードする、もしくはWindows 10が搭載されているPCに買い換えるということになると思います。
 
ただし、アップグレードはPCのスペックによっては出来ない場合もあります。
 

0

この記事へのコメント

トップへ戻る