ツイッターの相互リツイート&固定ツイートRT企画は無意味に等しい

ウェブ

ツイッターでこういうツイート
見たことありませんか?
 

 
恐らく検索サイトからこの記事にたどり着いた方は
 
固定RTリツイート企画
 
この企画の存在を知っている方だと思います。
 
 
そうじゃない方でも、ツイッターを日々使ってる中で、一度はこういうツイートが自分のTLに紛れ込んできたことはあるかと思います。
 
私の考えでは、こういう形で数字だけのフォロワーを増やしても何も意味はないと思ってます。
 
しかし、食わず嫌いも良くないのでサブ垢を使って約1ヶ月間、この企画の輪に乗っかって実際に検証してみました。
 
結論から先に言うと
 
 
やはり無意味に等しい
 
 
というのが私の判断です。
 
そう思う理由をこの記事でまとめて解説します。
 
 

固定ツイートRT企画のルール確認

まずはおさらいとして、この企画のルール確認をしておきます。
 

 
上に貼った画像はサンプルとしてツイッターから拾ってきました。
 
あくまでもサンプルとして拾ったもので他意はありません。
 
よってアカウント名やアイコンはモザイク処理しています。
 
上のサンプル画像を見てわかる通り
 
ルールは簡単です。
 
・このユーザーをフォローする
・このツイートをリツイートする

 
そのお返しとして
 
・自分のことをリフォローしてもらう
・自分の固定ツイートをRTしてもらう

 
固定ツイートというのは、プロフィールの上部に固定しているツイートのことですね。
 
要はこういう「互助会の輪をリツイートで広げてフォロワーを増やそう」というのがこの企画の趣旨です。
 
 

手動でやるにはかなり面倒くさい

さて、ここからは検証した上で私が感じたことを解説していきます。
 
サブアカウントを使って、上に貼ったサンプルのようなツイートをプロフィールに固定しました。
 
その上で、この固定RTリツイート企画をやっているユーザーを見つけて、ランダムで数件リツイート&フォローしてみると、数分後にそのユーザーたちからリツイート&リフォローが返ってきました。
 
そして、そうやって拡散された私のサブ垢ツイートを見たユーザーが、自分へのお返し欲しさに今度は自発的なリツイート&フォローをしてくるようになる。
 
これを繰り返すうちに輪は確かに広がっていきました。
 
初日だけで500人くらいフォロワーも増えました。
 
けど、数が増えすぎると作業量が膨大になって非常に面倒くさいし、ツイッターの公式アプリだけで運用していると見落としも出てきてしまいます。
 
いくら検証のためとはいえ、めちゃくちゃ面倒くさい作業だなって思った。
 
というのが率直な感想です。
 
 

交流の頻度も影響力も変わらない

フォロワーを増やしたい人は何らかの目的があるはずです。
 
ブロガーなら「ブログ仲間を増やしたい」とか「ブログの読者を増やしたい」とか。
 
競馬予想家なら「競馬仲間を増やしたい」とか「自分の予想を見てくれる人を増やしたい」とか。
 
もちろん完全なる趣味のアカウントでも、フォロワーを増やすことを目標にしているアカウントはありますし、フォロワーが増えることで喜びは感じると思います。
 
私も半分くらいは趣味ですけど、ツイッターをやる目的は確かにありますし、フォロワーさんが増えたら嬉しいです。
 
でも、それは交流ありきだと考えています。
 
まるで交流がなければ、いくら何をツイートしてもいいねやリツイートはされませんし、当然ですが投稿したリンクにだってアクセスしてもらえません。
 
いいねやリツイートをされないということは拡散されないということですしね。
 
この企画によって増やせるフォロワーは、中に人が入ってるかどうかもわからないようなアカウントばかりです。
 
全てではないですが、私の検証結果では実に95%以上は一切反応してこないフォロワーばかりになってます。
 
今日時点でこの検証によるフォロワー数が1,350人くらいになりましたが、普通に呟いてもいいねはほぼゼロですよ。
 
本アカの方なら同じ条件で呟いたとしたら、恐らくこれまでの傾向を見ても15いいねは下回らないと思います。
 
この違いは何か?
 
交流があるかないかの違いですよね。
 
じゃあ、「この方法でフォロワーを増やした上で交流すればいいじゃない」と思うかもしれませんが、上でも書いた通り、中に人が入ってるかどうかもわからないアカウント。
 
数を増やしたら用済みという感じで、リプライすら見てないようなアカウントばかりです。
 
この企画をやると、そういう機械的なアカウントがウジャウジャ集まってくるというのが実情ですね。
 
 

嘘つきアカウントが多い

中に人が入ってるかもわからないアカウントと書きましたが、中に人は入ってることがわかる瞬間はあります。
 
それは見出しの通りですが、嘘つきアカウントがこの企画には多いということです。
 
100%フォロー
100%リフォロー
フォロー絶対外しません

 
このように謳っている企画参加アカウントは多いです。
 
もちろん、人がやることなので見落としもあるとは思います。
 
しかし、明らかに自分だけもらって意図的に返してないアカウントが多いこと。
 
あとはリフォローされたら数日でリムーブをするアカウント。
 
この企画には、こういうアカウントが大変多いというのも検証でわかったことです。
 
そもそもが機械的なアカウント同士で、人と人とのコミュニケーションが一切ないアカウント同士ですから、こういった不正を働いても言及されないんでしょうね。
 
つまり、そうじゃない真面目なアカウント、中にちゃんとした人が入ってるアカウントが律儀に作業すればするほど、実は損をするシステムになっています。
 
これだから露骨な数増やしって嫌われちゃうんですよね。
 
ツイッターには良い人もたくさんいますが、人を人とも思わないとんでもない人が稼働させてるアカウントもたくさんあります。
 
 

自分の黒歴史になる

これが「無意味に等しい」という最大の理由です。
 
無意味どころか、むしろマイナスじゃないかな?
 
この企画に参加してるアカウントをフォローしてると、タイムラインが一気に汚くなるんですよ。
 
「フォロー返し」とか「副業」とか、そんな言葉に塗れてしまいます。
 
なので、鬱陶しいからそういうアカウントはリムーブ、もしくはリムーブしないにしても、ミュートする人は多いと思います。
 
せっかくちゃんと血が通った人からもフォローされてるのに、自分の拡散が鬱陶しいことで自分の発信を見てもらえなくなったら、それこそ本末転倒ですよね。
 
あと、けっこう本当にタイムラインを汚してるので悪い意味で目立ってます。
 
この企画によってフォロワーの数を増やしたとしても、見てる人は見てるので、評価はしてくれないと思いますよ。
 
むしろ数増やしの鬱陶しいユーザー認定されてしまうリスクが高いです。
 
 

フォロワーの数を増やすことは手段であり目的ではないはず

裏ではアカウントの売買なんかもあるみたいですから、売買用のアカウントを作ってる人にとっては、フォロワーの数を増やすことが目的かもしれません。
 
あるいは完全に趣味、日常の暇つぶしとしてツイッターをやってる人なら、何か目的があったほうが良いということでフォロワー数を増やすことを目的にしているかもしれません。
 
でも、例えばブロガーさんとか企業アカウントなんかもそうですけど、肝心なのはフォロワー数じゃないはずですよね?
 
いくらフォロワー数が多くても、自分たちが発信するPR的なものに対して、全く反応を示してくれなかったら意味はないですよね。
 
もちろん、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるというやり方もあります。
 
より多くのフォロワーを集めれば、その中から素敵なフォロワーさんが見つかる可能性は無いとは言えないでしょう。
 
しかし、このリツイート企画でウジャウジャ集まってくるアカウントは、何度も言いますが人間かどうかが怪しい…。
 
限りなくbotに近い挙動のアカウントばかりなので、こちらの発信に目を通してくれてる可能性は間違いなく低いと思った方が良いです。
 
つまり、素敵なフォロワーさんを見つけられる可能性は、このような運用の仕方では相当低いということ。
 
 
マジで無意味に近い
 
 
私は食わず嫌いせずに検証した上で、このように判断しました。
 
 

まとめ

SNSと言えども、画面の先には人がいます。
 
人と人とが対話をする世界ですから、そこはリアルと何ら変わりはありません。
 
態度の悪い押し売り営業マンから物を買いたい人はいますか?
 
もしかしたら押し切られて買ってしまうかもしれませんが、買いたいか?買いたくないか?で言えば、買いたくないですよね。
 
それと同じことですよね。
 
ただ数が増えればいい、相手のことは一切考えない、人としての温度感がない。
 
これではなかなか人には受け入れられません。
 
つまり、ツイッターをやる本来の目的も恐らく果たせません。
 
フォロワー数が増えると確かに嬉しいですよね。
 
私も嬉しいです。
 
でも、それはやはり交流ありきの話です。
 
交流なくして意味はないと思ってます。
 
 
以上が固定ツイートRT企画を実際に体験してみて出した私の結論です。
 

0

この記事へのコメント

トップへ戻る