自営業3年目が終わる私が痛感しているたった2つの大切なこと

考え

気づけば自営業3年目が終わろうとしています。
 
自営業、フリーランスとも言いますね。
 
フリーランスに憧れを持つ人はネット界隈、特にブログ界隈だと少なくないように見えますが、もちろん良いことも悪いこともあります。
 
私の場合はそこを目指してたという感じではなくて、深い部分で社会不適合者だと自分自身思っているので…。
 
自分で何かやってみることが1番生きやすい道だと思った結果ではあるんですが、上り坂あり下り坂あり、そしてまさか有りですよね。
 
掲げる理想と現実のギャップに苦しむ3年間でしたが、何とか今年も生きて終わることができそうです。
 
そんな私が自営業者になってから痛感した
 
たった2つの大事なこと
 
でもこれがとても大事なことだと思うことを
 
今回は紹介したいと思います。
 
 

相性が合わない人とは仕事をしない

なんか上から目線に見えなくもない発言ですが。
 
もちろん私も会社勤めをしていた時は、このような考え方はころして生きてました。
 
上司と相性が合わない、同僚と相性が合わない、部下と相性が合わない
 
会社ではそんなことは日常茶飯事だと思いますが、自分に決定権はありません。
 
アリモノの中で上手くやりくりする
 
会社勤めにおいては基本的な考え方だと思います。
 
だからこそ、そういう嫌なことにも耐えて、毎日毎日一生懸命働く会社員の方は、私から見ればまさしく企業『戦士』で尊敬の念しか抱きません。
 
そもそも、相性が合う合わないっていう感情は自分だけの感情ではありません。
 
もちろん相手も同様に私のことをそういうジャッジの目で見る権利があるわけですし、実際そういう目で見られますよね。
 
どちらか片一方の視点だけでは決めつけることができない概念です。
 
だから自分が会社員だった時はもちろんのこと、自営業を始めたばかりの時は『相性』なんてものにフォーカスしたことはありませんでした。
 
しかし3年間やっていく中で、今ではこれを最も意識するようになりました。
 

苦痛を感じる間柄から良い仕事は生まれない

何をするにしても
 
何をやるかよりも誰とやるか
何を言うかよりも誰が言うか
 
が大事だと私は思ってます。
 
もちろん組織の中ではそういう『個』の感覚、属人性は排して物事を進めることも大事だと思います。
 
ですが、会社員には会社員の良さ、自営業には自営業の良さがあり、自分の責任の範囲で『個』の感覚を重視できることは自営業の良さだと思ってます。
 
相性が合わない人、絡むだけでお互いに苦痛を感じる人、そういう人と仕事することで良いことはほとんどないと思います。
 
好きこそ物の上手なれ
 
じゃないですけど、好きというのはそれだけでセンスです。
 
人は嫌なことより好きなことに力を発揮して当然、嫌な人より好きな人と仕事をして力を発揮するのも当然。
 
とはいえ、早計による問題も多々あるので、相性が合うか合わないかを決定するまでの時間は十分に取るようにはしています。
 
食わず嫌いみたいになってしまうのも良くないですから。
 
そこは慎重に慎重に判断するんですが、でも自分からみて『この人とは相性が合わない』という最終結論を出した人と、一緒に仕事はしないようにしています。
 
大抵の場合、自分がそう思うということは相手もそう思ってますし。
 
苦しむために独立したわけではなくて、楽しむために独立したわけですから。
 
私がそういう選り好みをして失敗したとしても困るのは私自身。
 
自分で自分のケツを拭ける範囲での選別だと思ってます。
 

独立当初は相性が合わなくても仕事してしまう

自営業は仕事が入ってこないと本当に食べていけませんから、特に最初のうちはどんな相手のどんな案件でも受注してしまいがちです。
 
私もそうでした。
 
だからこそ今『相性が合わない人とは仕事しない』という覚悟と結論に至ったわけですが、最初はそんなこと言ってられませんでした。
 
でも、明らかにこの人は嫌だと思う人と一緒に仕事をして、最低限の結果は出せても、最高の結果は出せた試しがありません。
 
相性が合わない人とはコミュニケーションをとるだけで物凄くカロリー使うし、「自分はなんでここまで神経をすり減らしてるんだ?何のために独立したんだ?」って当時は常々感じてました。
 
要はせっかく小さいながらも一国一城の主となったのに、何も楽しくなかったんです。
 
楽しくないことに対して、究極の部分で能力は発揮できません。
 
自営業者として仕事を受ける以上、大門未知子じゃないですけど…
 
『私、失敗しないので』
 
という自信と実績が大事です。
 
そうやって良い戦績を積み上げていかないと、先の展望が広がっていかないどころか、どんどん先細りしてしまう。
 
相性が悪い人と一緒に仕事をしても、けっこうな確率で失敗します。
 
結果的に自分の戦績が汚れていきます。
 
最初のうちは藁をも掴む気持ちになるのも当然ですが、目の前のことと同時に、先のことも考えていかないと事業は成り立ちません。
 
先のことを考えた時に、私は良い仕事が出来ない可能性が高まる相性が合わない人との仕事はしない
 
このような結論に至りました。
 
先日もお金さえ払えば受けてくれると思ってる方と打ち合わせをしてお断りしましたが、その場しのぎのお金よりそこ大事ですからね。
 
長い目で見て、そういう仕事を受けるとお金が入らなくなっていくと私は痛感しましたし、今では確信しています。
 
 

ひとつのお客さんに固執しすぎない

相性が合わない人とは仕事をしないと決めてる中で、固執したくなるほどのお客さんというのはかなり相性自体は良いということでしょうね。
 
ただ、売り上げの大半がある特定のお客さんによるものという状態は絶対に避けた方がいいです。
 
もちろん、1人1人のお客さんを大切にしていくことは大事と言いますか、基本だと思います。
 
最初はスモールスタートから始めても、協業していく中で信頼関係を構築していき、より多くのものを買って頂いたり、より多くの依頼を頂戴する。
 
そうやって1人1人のお客さんとの関係性を育んでいくことももちろん大事。
 
売ったら終わり、次だ次だ
 
というやり方では永遠に自転車を漕ぎ続ける感じになるので苦しいです。
 
ただ、太いお客さんを1件掴んだからこれでもう大丈夫という考え方はあまりにも危険です。
 
こんなご時世ですから、そのお客さんがこの先どこまでずっと安定してるかもわかりません。
 
正直言ってわからない。
 
自営業者に仕事を頼んでくる人の多くは、これまでの経験上、変わり者か安くあげたい人がやはり多いです。
 
もしかしたら、ある日突然、そのお客さんとの関係性が一変する可能性もなくはないと思っていた方が、やはり安全です。
 
そして、ひとつのお客さんに固執しすぎると、やはり対等な関係性ではなくなってきます。
 
お客さんがいないと生活ができなくなるのも事実ですが、お客さんもお客さんでこちらの提供するサービスや品物があることで、よりお客さんのビジネスが良いものになっていくわけですよね。
 
つまり、その点だけで言えば対等な関係のわけだし、そのくらいの自信を持ってサービスを提供しなきゃいけないという良いプレッシャーにもなりますよね。
 
そのお客さんの太鼓だけ持ってれば、全て上手くいくという考え方になると、それは極めて危険ですし、何で独立したの?って話になってしまいます。
 
太鼓持ちやるなら会社の中でやってたほうが安定しててきっと良いですよ。
 
既存のお客さんを大切にすることはもちろん大事、同時に新規のお客さんを獲得していくことも大事。
 
このバランス感覚が崩壊すると、一時的には上手く行ってもあるきっかけを境にして、一気に雪崩のように足場が崩れていくかもしれません。
 
実際のところ、私自身がひとつのお客さんに固執しすぎた結果、バランスを崩した時期があるので、固執しすぎることのリスクを痛感しています。
 
相性が合う人と、とことん仕事をする
 
より関係性を深められるように努力する
 
これは大事なことですが、ひとつのお客さんに固執しすぎないという一歩引いた思考も大事だと思います。
 
 

まとめ

3年間、自営業をやってきた中で痛感した2つのことですが、特に重要なことだと捉えているのはやはり1つ目ですね。
 
私は相性の合わない人と仕事はしない
 
それで失敗しても自分の人生だから良いんです。
 
自営業・フリーランスに憧れて、こういう道を選んだわけでは全くもってないんですが、少なくとも言えることは強烈なこだわりを持って生きてるタイプではあります。
 
人から見ればくだらないこだわりでも、私にとっては生きるか死ぬかを決定する要素になり得るくらい大事なこだわり。
 
そういう偏屈な性格が私を社会不適合者にしているとわかってはいるものの、今さらそれを変える気はサラサラないんですよね。
 
受けるからには100%以上を注いで必ずお客さんを満足させること。
 
これは当然の責務であると考えてます。
 
しかしながら、受けるか受けないかは私自身にも選択権があることだと考えてます。
 
相手も私に頼むか頼まないかは相手の自由です。
 
 
いま、自営業をされている方。
 
そして自営業という体系自体が苦痛になっている人。
 
相性が合わない人と仕事してませんか?
 
何でもかんでも義務感だけで仕事を受けても、私は上手くいかないと考えています。
 
この人と仕事したい、この人のことが好きだ
 
そういう心の声を大事にしてみても良いかもしれませんね。
 
ではでは!
 

0

この記事へのコメント

トップへ戻る